バイオ・高分子研究会
Research Group on Polymers and Biosciences


研究会へのお誘い


各 位

社団法人 高分子学会 バイオ・高分子研究会 委員長 秋吉一成

バイオ・高分子研究会入会のお勧め (Research Group on Polymers and Biosciences)

 近年のバイオサイエンスの進展はめざましく、遺伝子工学や一分子計測手法を駆使して、タンパク質や核酸はもとより細胞内での生体の複雑な機能を分子レベルで見ることが可能 となりつつあります。生体機能の解明は、科学の問題として興味深いばかりでな く、エネルギー、環境、食品および医療分野での応用技術開発とも関係する重要な課題です。また、バイオミメ チック材料に代表されるように、自己組織化材料をはじめとして多くの高分子材料が生体機能にアイデアを得て開発されてきています。ヒトゲノムプロジェクトは第2 ステージに進展し、トラ ンスクリプトーム、プロテオーム研究が加速しています。生体高分子と人工系との境界はますます狭まり、その境界領域における研究はますます重要性を増しています。 本研究会は、その発足当初からその重要性を認識し、他分野との境界領域研究の展開にその基盤を置いてきました。シンポジウム(年1回)では、タンパク質、核酸、多糖などの生体高分子の機能分子としての潜在的側面に光を当てた研究や、医学、薬学、生物学領域との境界領域の研究等が報告され活発な討論がなされています。他分野の研究者との共同研究の報告も多く、本研究会の特色となっています。また、研究会(年1回)では、他分野からの研究者を講師として招き、その最先端分野の現状理解と高分子科学との接点を模索してきています。本研究会は常に10年先に焦点を当てて進化し、活動してきたといえます。現在重点を置いている研究分野は

1.      ポリペプチド、タンパク質の機能解析と制御、人工タンパク質の設計と機能
2.      核酸の機能解析と制御、人工核酸の設計と機能
3.      多糖および糖質が関与する機能性高分子の設計と利用
4.      生体膜の機能解析と人工膜の機能化、人工超分子の組織化
5.      細胞機能の解析と機能制御、細胞への物質デリバリー

などです。本研究会は常に他分野との接点を維持、発掘する姿勢を崩さず、生命科学の発展に寄与することを目指しています。また、若い世代から独創的な研究が生まれる土壌を作り上げることも研究会の重要な役割であると考えています。このような分野に関心を持たれる方々の積極的な参加を期待しています。


バイオ・高分子研究会会員(メンバー)には、本研究会の活動内容をご連絡申し上げるとともに、本研究会が開催する公開および非公開の研究会に無料で参加できます。また、本研究会が開催する講座などに割引料金でご参加いただくことができます。法人メンバーの方は、3名がメンバーとして参加出来ます。


運営会費(年額,消費税込)

<高分子学会会員><高分子学会非会員>
個  人  3,150円個  人  6,300円
学  生  2,100円学  生  4,200円
法  人 52,500円法  人 78,750円

入会方法 下記に必要事項を記入し、FAXまたは郵送にてお申込みの上、ご送金ください。入金確認をもちまして、入会とさせていただきます。

<送付先>104-0042東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル
(社)高分子学会 バイオ・高分子研究会係 電話03-5540-3770 FAX 03-5540-3737

*入会申込書のダウンロードはこちらからできます。
08バイオ研究会入会申込書(docファイル)


バイオ・高分子研究会入会申込書

   年  月  日

運営会費

<高分子学会会員><高分子学会非会員>
□個  人  3,150円□個  人  6,300円
□学  生  2,100円□学  生  4,200円
□法  人 52,500円□法  人 78,750円

入会申込年

   年4月~  年3月

※申込年度:4月~翌年3月迄 翌年度以降は自動更新となります。

支払方法

ふりがな
氏  名

会員番号
※法人メンバー入会の場合は、窓口担当者名を記入してください。

通信先  □勤務先  □自宅

1.勤務先

学部・学科/部・課 役職名

所在地〒

TEL
FAX

E-mail
行事開催案内を  □希望する  □希望しない (空欄の場合は、「希望する」とさせていただきます)

2.自宅住所〒

TEL
FAX

通信欄




戻る