文字のサイズ   |  | 

高分子学会北海道支部

公益社団法人高分子学会


Summer University in Hokkaido|アーカイブ

2014年度 29th Summer University in Hokkaido(終了)

29th Summer University in Hokkaidoは、2014年8月29日に定山渓温泉(定山渓ビューホテル)にて開催されました。100名程度の参加を見込んでいたところ、予想をはるかに上回る133名もの方にご参加頂き、大盛況な会となりました。下記3名の先生による講演が行われ、活発な質疑応答が展開されました。

1)向井 紳 先生(北海道大学大学院工学研究院・教授)
「レゾルシノール-ホルムアルデヒド樹脂を原料に用いたミクロ-メソ-マクロ孔の階層構造を有する多孔質炭素の製造」
2)長谷川 卓也 先生(日産自動車株式会社総合研究所・Senior Innovation Researcher)
「高タフネス電解質膜開発への期待」
3)出口 茂 先生(海洋研究開発機構・海洋生命理工学研究開発センター長)
「高分子ナノファイバーを利用した深海微生物資源の開拓」
29th Summer University in Hokkaido 29th Summer University in Hokkaido


2013年度 28th Summer University in Hokkaido (終了)

28th Summer University in Hokkaidoは、2013年8月30日に定山渓温泉(ホテル ミリオーネ)にて開催され、予定定員を大きく上回る101名の参加者が集まり盛況のうちに終了いたしました。下記3名の先生による講演が行われ、活発な質疑応答が展開されました。

1)野呂 真一郎 先生(北海道大学 電子科学研究所・准教授)
「柔軟性配位高分子の設計・合成とゲート吸着特性」
2)山﨑 英数 先生(富士フイルム株式会社 R&D統括本部 生産技術センター・統括マネジャー)
 「写真フィルムからフラットパネルディスプレイや医療用フィルムへの事業展開を可能とした生産技術と今後の展望について」
3)高木 昌宏 先生(北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス研究科・教授)
「2次元・3次元膜ダイナミクスを探る、操る、創る」

2013年度 28th Summer University in Hokkaido 2013年度 28th Summer University in Hokkaido

2012年度 27th Summer University in Hokkaido (終了)

27th Summer University in Hokkaidoは、2012年8月31日に札幌市アイヌ文化交流センター(サッポロピリカコタン)にて開催され、予定定員を上回る90名の参加者が集まり盛況のうちに終了いたしました。下記3名の先生による講演が行われ、活発な質疑応答が展開されました。

  1. 中澤浩二(北九州市立大学国際環境工学部・教授)
    「細胞パターニング技術と細胞チップ」
  2. 兼子博章(帝人(株)融合技術研究所・室長)
    「繊維から線維へ,その実用化へのアプローチ」
  3. 渡辺眞次(北見工業大学マテリアル工学科・教授)
    「重縮合を用いた高分子微粒子の合成」
2012年度 27th Summer University in Hokkaido
支部長 : 門出 健次      事務・会計担当 : 谷口 透
事務局 : 〒001-0021 札幌市北区北21条西11丁目 北海道大学大学院先端生命科学研究院4階      
TEL : 011-706-9048      E-mail : polyhoku★sci.hokudai.ac.jp
※E-mailを送る際は「★」記号を「@」に置き換えてください。