高分子学会関西支部

高分子若手技術講習会

HOME >催し物のご案内 >高分子若手技術講習会
催し物のご案内

第8回高分子若手技術講習会

--- 高分子合成とキャラクタリゼーションの実習 ---
主 催 高分子学会関西支部
日 時 平成29年8月1日(火)〜8月2日(水) 9 : 30〜17 : 00
会 場 大阪市立大学 工学部 D棟103, 104号室応用化学学生実験室
(大阪府大阪市住吉区杉本 3-3-138)
交 通 ・JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)」下車、東口より徒歩3分
・地下鉄御堂筋線「あびこ駅」下車、4号出口より南西へ徒歩15分

詳細はこちらをご覧ください。

趣 旨

高分子材料は、あらゆる産業分野で基幹材料として用いられており、先端的新素材、新機能材料としての高分子材料の開発は一層熱を帯びています。研究と技術の幅はますます広がり、生化学・物理・薬学など様々な分野出身の技術者が、高分子に関わる研究開発を行っています。このような状況から、高分子を合成した経験のない技術者が増えており、重合反応やキャラクタリゼーションの基本的実験スキルを習得したいというニーズが高まっています。
高分子学会関西支部では、上記の様なニーズに応えるため、実験スキルを学ぶ講習会を実施しています。本講習は、「高分子の基礎と応用講座〜わかりやすい高分子入門」講座と連動しており、実習を通して「講座」で学んだ知識をより一層深めていただくことができます。

プログラム

1日目 重合とポリマー精製 (1テーマを選択)

技術講習内容説明と安全指導

実験(1)メチルメタクリレートのラジカル溶液重合
実験(2)酢酸ビニルの懸濁重合
実験(3)開環重合によるポリ乳酸の生成

2日目 ポリマーのキャラクタリゼーション

キャラクタリゼーションの内容説明と測定原理

実験(4)平均分子量と分子量分布の決定(GPC)
実験(5)ガラス転移温度の決定(DSC)
実験(6)化学構造の同定と立体規則性の定量(NMR)

重合実験結果のフィードバックと実習総括

■ 持ち物と服装

・実験衣または白衣
・運動靴または安全靴
・筆記用具
・計算機
・保護メガネ、簡易マスク、ゴム手袋等保護具は用意しておりますが、お持ちの方はご持参ください。

* 更衣室を準備します。クールビズにご協力ください。

ダウンロード

PDF 「第8回 高分子若手技術講習会」のご案内 (1.4MB)
*プログラムの詳細、担当講師、 講習内容やアクセスマップを記載しています。

参加要領

定員 8名 (学生の方はご遠慮ください。)

参加費 (いずれもテキスト1部代を含みます。)
 「高分子の基礎と応用講座」受講者 40,000円
 「高分子の基礎と応用講座」非受講者 50,000円

参加ご希望の方は、氏名、所属、連絡先と、重合実験の第1希望と第2希望、およびアンケートにご記入の上、7月10日(月)までに、高分子学会関西支部へお申込ください。定員になりましたら締め切らせていただきます。

* 定員となりましたので、受付を終了いたしました。

お問い合わせ

お問い合わせとお申し込みは、高分子学会関西支部へどうぞ。





講習風景と受講生の声

合成実験内容の説明

合成実験内容の説明 ・足りない部分は、講師の方に質問できたので良かった。

・簡潔に要点をまとめていたので理解が早かったです。

・重要な項目がうまくまとまっていて大変参考になりました。

・詳しく載っていたのでわかりやすかったです。

 

実験装置の組立

実験装置の組立・先生方の暖かい指導により、高分子のイメージが少し分かった気になった。分子量分布が存在することだけでも、イメージがふくらみました。

・実際に重合しながら、先生の話を伺うことが出来、非常に有意義であった。

 

DSC測定実験

DSC測定実験・ディベート形式で疑問点をすぐに解決できたので良かったです。

・少人数での講義であり質問もしやすく良かった。

・時間的に厳しいかもしれませんが、自分でもっと操作できたら良かったと思いました。

 

GPC測定実験

GPC測定実験・分析手法を理解することができて今後活かしていきたいと思います。

・丁寧な説明でとても判り易かった。

 

NMR測定実験

NMR測定実験・もう少しポリマーと関連づけてくれるとよりよかった。

・教科書ではわからない話を深く聞くことができて非常に良かった。

 

その他

・高分子合成の基礎から学ぶことが出来てぜひ来年も関係者の参加を希望します。

・自分で作ったポリマーを分析できると、合成に対する考察も深まって良いと思う。

・高分子専攻以外のところから就職した人にとっては本当にいい機会だと思う。ありがとうございました。希望としては、2種以上の共重合について学びたく思いました。

・タイトル中に「若手」は不用なのではないかと思いますが・・・

・ガラス器具の組み方など、指導していただく機会がないので、勉強になりました。

・自分の研究に必要な知識なのできっと役に立つと思っております。

・他のラジカル重合も勉強しようと思った。

定例行事
関西若手高分子セミナー
高分子の基礎と応用講座
高分子研究発表会(神戸)
高分子サロン
高分子若手研究会[関西]
高分子若手技術講習会…このページです
トピックス
支部案内
新春メッセージ

若い人への新春メッセージ

こちらから
入会案内

高分子学会への入会案内

こちらから
 
HOME HOME  サイトマップ サイトマップ  お問い合わせ お問い合わせ  ENGLISH ENGLISH
支部のご案内催し物のご案内入会のご案内リンク集(社)高分子学会のホームページへ