トップページ

催し物のご案内

入会ご案内

催し物の記録

 

研究会

17-1 高分子計算機科学研究会

主 題 材料設計に向けたインフォマティックス技術とその応用
日 時 平成29年10月20日(金)10:20〜16:40
会 場 東京工業大学 蔵前会館 3F 手島精一記念会議室
(東京都目黒区大岡山2-12-1 TEL:03-5734-3737)
交 通 東急目黒線・大井町線 大岡山駅下車 徒歩約1分
  詳細はこちらをご覧ください。

●要旨

近年のインフォマティクス技術の発展に伴い、高分子の開発現場でも、情報科学技術を有効利用した材料開発が求められはじめています。本研究会でも、計算科学分野を専門している方々が多いこともあり、新たな研究の方向としてインフォマティクスに興味を持つ方やインフォマティクス技術の利用を検討する立場の方が増えてきています。このような状況を受け、今回の研究会では、マテリアルズインフォマティクスを中心にインフォマティクス分野の最先端で活躍されている先生方を招聘し、インフォマティクスにおけるデータや知見の活用、解析などについて、最新の手法とその成果をご紹介いただきます。本会が、材料設計におけるインフォマティクス活用のヒントとなることを期待しておりますので、是非積極的にご参加いただきたいと思います。

●プログラム

<10:20〜10:30>
 運営委員長 挨拶
 
<10:30〜11:30>
 1) データ科学の先進技術がもたらす次世代の材料研究
(統計数理研)吉田 亮
<11:30〜12:30>
 2) データベースおよびインフォマティクス技術を活用した分子設計・材料設計・プロセス設計
(明大理工)金子 弘昌
<13:30〜14:30>
 3) マテリアルズインフォマティクスの高分子材料への適用に向けて
(東レ)茂本 勇
<14:30〜15:30>
 4) 統合シミュレータ「OCTA」と機械学習のシナジー:ブロックコポリマーの物性推算を例として
(東ソー)坂下 竜一
<15:40〜16:40>
 5) マテリアルズ・インフォマティクスによるゴム材料開発への取組み
(横浜ゴム)小石 正隆

プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

●参加要領

  1. 定員 50名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)
  2. 参加費
    (1)企業5,400円
    (2)大学・官公庁3,240円
    (3)学生2,160円
    (4)名誉・終身・フェロー・ゴールド・シニア会員2,160円
    (5)高分子計算機科学研究会メンバー 無料

参加申込

学会本部エントリーページが開きます。

Webでお申し込み後、参加費を会期当日までにご送金ください。
参加証、請求書(希望者のみ)を送付させていただきます。