トップページ

催し物のご案内

入会ご案内

催し物の記録

 

研究会

16-1 高分子計算機科学研究会

主 題 分子、材料の様々な構造とダイナミクスの再考
日 時 平成28年10月14日(金)9:50〜16:30
会 場 東京工業大学 蔵前会館 3F 手島精一記念会議室
(東京都目黒区大岡山2-12-1 TEL:03-5734-3737)
交 通 東急目黒線・大井町線 大岡山駅下車 徒歩約1分
  詳細はこちらをご覧ください。

●要旨

計算機の高速化の恩恵を受けて、分子シミュレーションが広く使われるようになり、分子・材料の構造とダイナミクスについて、かなり理解が深まってきたと思われます。今後さらにシミュレーションを展開していくためには、どのようなことができているのか,どのようなことができていないのかを明確にし、現状の理解を一度深める必要があります。その現状認識に基づき、「シミュレーションから"さらに"何を得るか」を再考できると考えます。
 そこで、今回の研究会では、「分子、材料の様々な構造とダイナミクスの再考」を主題に、現状認識しながら、今後の展開を検討するための研究会として、様々なテーマの講師の方々にお話いただくことにいたしました。また、研究現場で実験から期待されることも多くあると考え、材料の構造観察実験の立場からの講演も行っていただくことにより、実験からシミュレーションへの期待を含めて、さらに議論を深めたいと考えております。多くの方にご興味いただける研究会にしたいと思っておりますので、多数のご参加をお待ちいたしております。

●プログラム

<9:50〜10:00>
 運営委員長 挨拶
 
<10:00〜11:00>
 1) 静的と動的の相分離シミュレーション〜誘導自己組織化と非溶媒誘起相分離〜
(旭化成)岩間 立洋
<11:00〜12:00>
 2) 分子シミュレーションによる高分子レオロジーの解析
(名大NCC)増渕 雄一
<13:20〜14:20>
 3) フィラーを充填した系の粗視化MDの新展開と当面の課題
(防衛大)萩田 克美
<14:20〜15:20>
 4) 高分子の結晶化とコンピュータ・シミュレーション
(山口大理)山本 隆
<15:30〜16:30>
 5) ブロック共重合体における構造転移の実空間3次元観察と解析
(東北大多元研)陣内 浩司

プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

●参加要領

  1. 定員 50名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)
  2. 参加費
    (1)企業5,400円
    (2)大学・官公庁3,240円
    (3)学生2,160円
    (4)名誉・終身・フェロー・ゴールド・シニア会員2,160円
    (5)高分子計算機科学研究会メンバー 無料

参加申込

学会本部エントリーページが開きます。

Webでお申し込み後、参加費を会期当日までにご送金ください。
参加証、請求書(希望者のみ)を送付させていただきます。